漢那区

ブランクカレンダー交通案内概要・漢那区講座・事業サークル活動お貸ししますお問い合わせ(098)968-2552



漢那区

漢那区とは

 漢那は、宜野座村の南西に位置し、南東は惣慶に隣接、南西は城原を挟んで金武町中川に接している。

地勢

 漢那岳を頂点にして撫らかで起状を帯びた山岳地帯が沖縄自動車道まで続き豊かな緑を作っている。漢那山は美しい林相の温帯林に包まれていた面影を今も一部に見ることができる。緩傾斜を帯びた地形は、丘陵大地をなして海岸線まで続き、山原では特異な地形をなしている。河川には漢那の西側を流れる二級河川の福地川がある。河口まで約4.1kmあり、漢那湾に注いでいる。集落は東側、西側、北側の三方が緩やかな丘陵地に囲まれ盆地の形状をなしており、特に部落の東側から北東にかけてのウタキ林は天然の防風林として、漢那を庇護してきた。部落全体はカニク(砂地)に立地し、屋敷地がゴハン型に区画され、集団をなしている。大昔は村内の奥まで海があったという。